10/14 Bチーム試合結果とコメント

Bチームの試合結果とコメントです。

Bチーム
-試合結果-
【4・5年生】
葛飾 2-2 江戸川
葛飾 1-6 江戸川
葛飾 2-4 江戸川
葛飾 3-0 江戸川
【3年生】
葛飾 3-1 江戸川
葛飾 5-0 江戸川
葛飾 3-0 江戸川
葛飾 3-0 江戸川

【4・5年生コメント】
今回は相手側と打ち合わせて5年生の一部と4年生の合同チームとして試合を行いました。

年生は、ボールに対する働きかけ、持ってからの突破力はさすがでしたね。
要所要所でプレーの核になってくれたお陰でゲームが成り立ちました。
これからも積極的なプレーを心掛けてください。
ただ、少し欲張りな話をすると試合は練習と違い、実践的な観点から成長できる良い機会です。
せっかく4年生と同じチームで臨んでいるので、試合中にアドバイスをしたり、チームを鼓舞するような発言が出せるようになれば、プレーヤーとして一皮向けるのではないでしょうか。

4年生は、普段の対戦相手より身体が大きく、強い相手だったので、苦しい局面が続く試合もありましたね。
1人目がタックル1発で相手を仕留めても、2人目がオーバーに入らない(入る気がない)ので相手にボールをキープされるという場面を多く見ました。
これは身体を張るプレーを一部の選手にばかり頼っている4年生チームの課題だと思います。

タックルに限らずコンタクトプレーは痛みや恐怖心が伴うので誰だって逃げたくなるものです。
高校生やトップリーガーだって例外ではありません。
ではなぜそこにコンタクトプレーが出来る選手とそうでない選手が生まれるのでしょうか?
それは、基礎的な技術(知識)はもちろんのこと、そこに仲間との約束を果たそうとする責任感や信頼を得たいという欲望から成り立っていると思います。
4年生は昨日の試合を通じて、その意味が少し理解できたのではないでしょうか?

個々がチームの為に全力を尽くし、仲間から信頼を得られるようなプレイヤーを
目指して頑張っていきましょう!

羽根コーチ

【3年生コメント】
3年生は少しずつラインを作る意識や、ディフェンスの意識ができつつあるようにかんじました。
しかし、セットプレーでのディフェンスの意識は良いのですが、二次攻撃以降のディフェンスの意識が無く、外を走られてしまうケースが3つ程ありました。
これからは考えながらラグビーをするように意識を変えていきましょう。
相手チームよりも走り勝っていたのは良い事です。
練習でも走るメニューを継続していきますので、平日も自宅で出来る事をして下さい。
交流会が連続しますが、頑張っていきましょう。

中村コーチ

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中