江東・江戸川・品川 交流戦

20日は、江戸川陸上競技場にて今年度の最終戦となりました。
準備をして頂きました皆様有難うございました。

近隣ライバルスクールとの最終戦。
ライバルがいるから、頑張ることができました。
小学生の時はライバルでも、中学や高校でチームメイトになることもありますね。

これからもお互いに頑張っていきましょう!

各チームの結果とコメントです。

ーAチームー
1試合10分ハーフ

葛飾 10-1 江戸川
葛飾 6-3 しながわ
葛飾 2-3 江東

【コーチコメント】
本日は、江東さん、江戸川さん、しながわさんとの今シーズン最終の交流戦に参加させていただきました。
運営をした江戸川ラグビースクールの皆様、ありがとうございました。

Aチームは3試合行いました。
江戸川さん、しながわさんとの試合は順調に試合が進みましたが、最終戦は江東さんに敗れてしまいました。
しかも残念だったのは、今回もDFが甘く、SAカップ、静岡ロータリーカップと同じパターンで、負けてしまいました。

これまでの敗戦から、修正して試合に臨んだつもりでしたが、最後まで修正できませんでした。
残念ですが、変れなかったのが、実力だと思います。
江東さんのアタックは荒々しく、DFはしつこく、目の前の相手を必死に止めようという気持ちが良く出ていました。
それに対して葛飾は、荒いプレイに対して受けに回ってしまいました。その気持ちをはじき返す激しさ・力強さがなかったです。

レフリーをしていて感じますが、葛飾以外のチームは、良くも悪くも、自分たちのメンバーを叱咤しながら試合をしています。
それに対して葛飾は、あまりメンバー同士の文句が出ません。
「やさしい」のはいいことなのですが、ときにはお互いがけんかになるくらいの荒さがあってもいいのではないかと思うときもあります。

みんな、やさしくて、素直で、いい子たちなのですが、スポーツではそれが、勝敗の差になることもあります。
これは、やはりコーチ自身に厳しさが足りないせいだなと、責任を感じました。

6年生は、これが小学生最後の試合です。
悔しかったと思います。
その悔しさを、十分にかみ締めて、次は悔しい思いをしないように、中学のラグビー生活を送ってください。
5人しかいない上、受験や怪我で練習が足りない部分もあったかと思いますが、その中でも、よくがんばったと思います。

5年生は、この悔しさを1年考え続けて、来年リベンジをしましょう。
今年一つ上の子たちにこれだけのプレイができたのだから、来年は、もっとできるはず。
自信をもってプレイをしましょう。

この悔しい思いを、もっとうまくなるチャンスととらえて活かせる人やチームが、成長できる人・チームです。
もっとうまくなる。
成長するチャンスをもらったと思って、それぞれが来年を有意義な年にしましょう。

1年間、お疲れ様でした。

大野コーチ

ーBチームー
1試合7分ハーフ

葛飾 0-4 江戸川
葛飾 5-2 しながわ
葛飾 6-0 江東

今年度最後の交流試合でした。
それぞれ学年ミックスチームでの試合になりました。
1年取り組んで来たブレイクダウンとタックル、ボールを繋ぐという成果は現れていましたね。
ブレイクダウンは何度もターンオーバーしてくることが出来、タックルはしつこくいけてました。
ディフェンスラインのアップも出来ていましたし、ラックサイドも抑えてました。
アタックは外の空いてるスペースにボールを運ぶ意識は伝わってきました。
繋ごうという意識が出ていたし繋げてました。
無理なパスも見受けられましたが聞くとコールが聞こえたから繋ぐチャレンジをしたと言ってました。
みんなでチームとしてプレー出来てる証拠です。
グランドでプレーしている子はもちろん周りで応援している子達も声がよく出ていました。

最後の江東戦は素晴らしい戦いでしたよ。

惜しむべくは1試合目での集中力の欠如した試合です。
全員がサボらないでプレーしないと勝てないことがわかったと思います。
あと試合への気持ちの盛り上げ方の大事さ。
毎年課題で初戦の出足の鈍さがあげられますのでしっかり改善しましょう。
その他の課題はバックスラインのスピード(浅すぎる)と姿勢の高さなどがあります。
4月からも引き続き取り組んでいきましょう!
この1年辛い練習してきた成果はだせたと思います。

3年生は4月からは下の学年を引っ張っていきましょう。
4年生はAチームとしてカップ戦もたくさん出てきます。
みんながレギュラー目指して優勝目指して更なる努力をしていきましょう。

本当に一年お疲れ様でした。

矢野コーチ

ーCチームー
1試合7分ハーフ

葛飾 2-5 江戸川
葛飾 3-10 しながわ
葛飾 7-5 江東

1試合目は、前半1年生、後半2年生での試合でした。
前半0-5のビハインドを2年生は、ひっくり返すことが出来なかったです。
ディフェンスがしっかりしていたので、得点が取りにくかったですね。
ボール回しでのミスもあり、接戦となってしまいました。
そもそも1年生は失点が多すぎます。
これを来年度は減らしていきましょう。

2試合目は、1年生を中心に2年生を交えての試合でした。
この試合でもタックルがゆるく、失点しやすい状況でした。
一発で倒しきれない、タックスにした後のルーズボールへの働きが
遅いなど、問題点はすべて教えてきたつもりでいますが、
なかなかできていませんでした。
来年度も引き続き練習していきましょう。

3試合目は2年生どおしの試合となりました。
失点は多かったですが、勝ちきれました。
しっかり勝ちきるところがこのチームのいいところですね。

4月からは、1年生は2年生としての自覚を持つと同時に、
「勝ちたい」という気持ちを前面に出せるように頑張ってください。
2年生はBチームとして戸惑うこともたくさんあるとおもいますが、
Aチームになった時に静岡で優勝できるように3年生から準備をしっかりしてください。

内藤コーチ

広告
画像 | カテゴリー: 未分類 パーマリンク

江東・江戸川・品川 交流戦 への1件のフィードバック

  1. 梁取 タケシ より:

    今年度の最終交流戦お疲れ様でした。

    6年生を全勝で送り出せなかったのは残念です。技術的な部分は別としても気持ちで受けてしまったのが悔やまれます。素晴らしい競技場、試合に送り出してくれるチームメートの拍手に対してどれだけ燃えたのか?試合前コーチの「勝ちたいなら勝つ顔をしろ!」というエールにどれだけ応えたのか?試合に出場したメンバーはもちろんですが、リザーブだったメンバーも全員自問しましょう。

    相手はどんな場面でも執念を持ってプレーしてました。絶対にターンオーバーしてやる、絶対に止めてやる、絶対に勝つ!という想いがプレーに出てました。その気持ちがあるから、敵が倒れたらチャンスとばかりにポジション関係なくボールに働きかけてました。味方が前進している時はしっかりサポートもしていました。

    ラグビーは陣取り合戦です。強い気持ちを持って前に出ないと当然ながら負けます。スマートに後ろで見ていては勝てません。もっともっと泥臭くラグビーをしましょう。「俺、BKだからオーバーしなくていい」、「俺、FWだからライン参加しなくていい」ではなく、目の前のボールをがむしゃらに全員で前に進めましょう。敵が来たら全員で食い止めましょう。

    5年生はこの悔しさを胸に自分たちに何が足りないかを考えて練習して、先輩たちに大きな目標を達成する姿を見せましょう。

    6年生は少ないメンバーで葛飾RSの最高学年としていろいろと大変だったと思います。コーチの言われるように、この悔しさを次のステージで晴らして欲しいです。

    葛飾RSは良いチームです。それは6年生がキャプテンを中心としてそれぞれが役割を果たして、しっかりとチームをまとめていたからだと思います。葛飾RSでのキャリアに誇りを持って次のラグビーステージで大いに頑張ってください。お疲れ様でした、ありがとう!

    最後に葛飾RSに参加させていただき1年が経過しました。初めのころはロクに練習に付いていけませんでしたが、6年生・5年生・コーチの皆様のおかげで何とか形になってきたと思います。コーチの皆様、保護者の皆様、お世話になりました。ありがとうございました。

    このようにコメントしたり練習で小うるさいかと思いますが、引き続き宜しくお願いいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中