2/21 シャイニングアークスカップ

21日は、佐倉さん・川口さんとの交流戦の予定でしたが、前日にかなりの雨がふりましたので土曜日の時点で中止にさせてもらいました。
楽しみにしていたのに残念した。
当日、グランドを見てきましたが、予定していた新柴又グランド2/3は、水が浮いていて使える状況ではありませんでした。
新柴又グランドは、いつもの柴又公園と違って、水はけが悪いのであれだけ降ると、難しいですね。

しかし、21日(日)は雨も上がったので、柴又公園で練習を行いました。
先週も雨で中止になってましたので、みんなラグビーがしたくてしょうがなかったのではないでしょうか。
(それは、コーチだけっていう声も聞こえそうですが、、、)

また、Aチームは20日(土)に予定されていたシャイニングアークスカップが延期になり、21日(日)に予選を行いました。
午後からのキックオフでしたので、私も応援に行ってきましたよ!
3試合目は、葛飾も対戦相手のにしはらラグビークラブもカップ戦への出場がかかった大事な一戦となりました。
接戦となる好ゲームで、逆転で勝利したときはみんな喜んでいましたね。
大事な一戦に勝てるチームになるには、個人の能力に組織の力をプラスすることが、大切ですね。
チームの力は、試合を通して成長していきます。まさにそんな感じの試合でしたね。

しかし、第一試合の試合の入りが、頂けませんでしたね。
あんまり、書くと大野コーチのコメントが・・・

では、結果とコメントです。

ーAチームー

葛飾 0-14 柏
葛飾 7-1 松戸
葛飾 6-4 にしはら

【コーチコメント】
本日は、NTTcomシャイニングアークスカップに参加させていただきました。
大会関係者の皆様、早朝からの運営ありがとうございました。
Aチームは3試合行いました。

柏さんとの試合では、個々人の力で完敗でした。
1対1をとめられなければ、どうしようもありません。
最初のタックルで倒さないと、つながれてしまいます。
典型的な、負け試合でした。
気持ちを切り替えての2戦目3戦目は松戸さん、にしはらさんと対戦し、何とか勝つことができました。

結果、2勝1敗で、決勝トーナメントに進出できました。

なんとか、勝たせてもらった、というのが正直な感想です。
3試合ともディフェンスは甘く、攻撃は単発で雑で、練習どおりにはできませんでした。
特に今日のFWは、一人ひとりが勝手に突破にいって孤立して、ボールを失う、を繰り返し、バラバラでした。
突破にいくのはいいのですが、一人が行ったら次はオーバー、キープ、の役割をやらないと、全員がオーバーも行かずピックアンドGoしてたら、それは取られます。
そのときそのときの自分の役割を考えてプレイしていたか?

以前も書きましたが、ここから先は「どこまで考えてプレイできるか」がチームの差になります。
今日のFWは考えたプレイをみることはできませんでした。

次の決勝トーナメントまでもう一度、自分たちの役割、仕事、やるべきことを確認して、試合にのぞみましょう。
逆に考えると、負けなかったのは、収穫です。
ここ、というところで、FWもBKもいい仕事がありました。
できるのだから、やりましょう。
ちゃんとやれば、負けません。

次も連戦で大変ですが、怪我に気をつけて、練習、試合をしていきましょう。

大野コーチ

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

2/21 シャイニングアークスカップ への1件のフィードバック

  1. 梁取 タケシ より:

    意外と寒い中、お疲れ様でした。

    先日の国府台での交流戦と相変わらずな部分が多かったですが、2試合目・3試合目はかすかに光が見えたような気がします。

    3試合目はそれぞれなりに”ファイト”していたので、逆転できたのだと思います。来週の決勝トーナメントでも気持ちを全面に出して激しくファイトして欲しいです。(エンジンのかかりの遅いのが、気になりますが)

    大野コーチのコメントをみんながしっかり理解して決勝トーナメント初戦に臨みましょう。次からは負けたら終わりです。

    ボールを持ったら無理して孤立することなく仲間にボールを託しましょう。周りはボールを持った仲間に近づいたりパスをもらえる位置に自分から動いてサポートしましょう。パスをしたら終わりではないです。すぐにサポートに走りましょう。

    ディフェンスは、意地でも一対一で負けないようにしましょう。万が一、タックルが外されたら一番近くの味方がタックルしましょう。目の前の敵がパスしたから役目が終わりではないです。カバーディフェンスという次の役目があります。

    決勝トーナメントの初戦は、体格の勝る相手です。見た目にビビることなく逆に圧倒しましょう。いくらデカくてもスピードに乗らなければ怖くありません。矢野コーチがくれたタックル虎の巻にあるように、「アプローチ(接近する)」を意識して相手を走らせないようにしましょう。

    勝利したあとのみんなの笑顔がまた見たいです。

    引き続き頑張りましょう!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中