7/12 富士ゼロックスラグビー祭

12日は、富士ゼロックスラグビー祭に参加してきました。DSC01746

参加させて頂くようになってから何年経つのでしょうか?

このイベントに参加すると、いつも「夏が来たな~」とか「もうすぐ合宿だな~」といつも感じます。

また、なかなか対戦できない神奈川県のチームとの試合ができるよい機会になっています。

富士ゼロックスの関係者、選手の方々をはじめ、準備して頂いた方々、有難うございました。

では、結果とコメントです。

Aチーム
-試合結果-
葛飾 7-1 厚木
葛飾 7-2 海老名
葛飾 0-4 グリーン
葛飾 1-5 グリーン

【コーチコメント】
本日は富士ゼロックスさんのラグビー祭にて、厚木さん、海老名さん、グリーンさんと試合をさせていただきました。

厚木さん、海老名さんとの試合では、よく展開ができていました。
タテとヨコの組み合わせが良くできていて、何度も、あまらせるパターンができたのは成長していると思います。
ただ、最後のフィニッシュの部分が弱く、声がない、スピードも無いで、チャンスを活かせなかったシーンがいくつかありました。
毎週のグリッドの練習で、声をだしてスピードよく、と練習しているのを、試合に出せたでしょうか?
やってみてわかると思いますが、走りながら声を出すのは難しいんです。
なので、走る前から声を出してないと。
声を出せることも良い選手の特徴のひとつです。
練習から声をだしましょう。

グリーンさんとの試合では、相手のキック戦術で、フラストレーションがたまりましたが、それでも相手は、結局こちらを1トライで抑えているので、よくディフェンスを意識された、いいチームでした。

後期の試合に備えて、いい経験ができたと思います。

また、1日に3,4試合を行う中で、けが人や体力で少しずつパワーダウンしていくところをどう気持ちで乗り越えていくか、を体験できたのも、いい経験だったと思います。

冬のヒーローズや静岡の大会は、3,4試合をやって、最後に決勝戦があるわけです。
体力的に一番きついときに一番いいパフォーマンスを出す必要があります。
その気持ちを、試合をとおして身につけていきましょう。

最後に、うれしかったのは、グリーンさんとの試合後、みんなが泣いていたことです。
少しずつ、気持ちが出せるようになってきていると思います。
このくやしい気持ちをわすれずに、これからも練習していきましょう。

大野コーチ

CチームDSC01750
-試合結果-
葛飾 6-3 グリーン
葛飾 5-3 海老名

【コーチコメント】
今シーズンの中では、試合内容が一番よかったと思います。素晴らしい!拍手!

ディヘンスもアタックも今までの試合に比べればすごく良くなったと思います。
練習の結果が出ています!

梅雨明けと思わせる暑い中、集中を切らさずに戦う難しさもあったと思います。
そんな中、さすが2年生と感じるところもあり、頼もしくなりました。ここも拍手!

しかし、完璧と言える内容には、まだまだです。(アタックもディフェンスも)
コーチはまだまだ君たちはには実力があると感じています。

チームの力で戦うことを意識するともっと楽しくなると思います。
チームで戦うには、ひとり一人がしっかりしたタックルやオーバーなどやるべき仕事をしっかりやることが大切です。

ラグビーは、体格や得意なことが違ってもその良いところをチームの為にいかしていけば、よいスポーツです。
体格の大きい子は、チームの為に体を張ってください。
足が速い子は、あいているスペースを見つけてすばしっこくチームの為に走ってください。
声が出せる子は、周りをみて状況をチームの仲間に教えてあげてください。

全部が完璧にできなくても、自分にできることを精一杯やってくれれば、それがチームの力となり、強いチームになります。
エキシビジョンの3試合目にでて、頑張った子も偉かったです!楽しくできたと思います。

合宿後には、さらに一歩成長したチームになるように頑張りましょう!

内藤コーチ

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

7/12 富士ゼロックスラグビー祭 への1件のフィードバック

  1. 梁取 タケシ より:

    皆様、暑い中お疲れ様でした。

    午前中のクリニックでは、他チームの子たちは体は大きいしアタックやタックルは富士ゼロックスの大人たちも倒さんばかりの勢いでしたので、正直なところ今日はヤバいな、と思っておりました。

    午後の交流会では2勝2敗となり、練習での動きをゲームの流れのなかで発揮するのは難しいんだなぁ、と感じました。日頃の練習で”ゲーム”を意識するようにコーチから口酸っぱく言われる意味を葛飾のみんなが理解してくれたら嬉しいです。

    グリーンさんとの試合は観ているこちらも悔しかったです。帰りの車中でもなかなか気持ちの整理が付かなかったくらいですので、実際に体をぶつけた子どもたちは相当、悔しかったと思います。なかなかディフェンスに穴が開かない良いチームでしたね。

    ただ、決勝戦(2試合目)はみんなの”意地”がプレーに出ていたと思います。もっともっと気持ちをプレーに出して激しく前に出ましょう。

    コーチの皆様、引き続き指導のほど宜しくお願いいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中