5/24 浦和RS交流会

24日は浦和ラグビースクールさんとの交流会でした。DSC01703
当日の天気予報はあまり良くなかったので心配していましたが、良い天気で行うことができました。

大昔に言ったかもしれませんが、私は【晴れ男】なんです!

浦和さんのお話の中に、「今は違うチームですが、ラグビーを続けていると中学や高校でチームメイトになるかもしれません」とありました。
小学生のみんなは、「ピン!」と来なかったかもしれませんが、コーチの長男は中学で浦和さんの子とチームメイトになり、楽しい中学生活を送りましたよ!

ラグビーを続けていると必ずどこかでつながっているところが、いいところですね。DSC01701

では、各チームの結果とコメントです。

Aチーム
-試合結果-
葛飾 4-8 浦和
葛飾 9-3 浦和
葛飾 1-7 浦和

【コーチコメント】
快晴の中、浦和さんと試合をさせていただきました。

1試合目は、よくタックルに行き、ダウンボールもしっかりできていましたが、ルーズボールに対する二人目の反応が悪く、その出足の差でトライを奪われるパターンで失点していました。
よく体をあてていましたが、次への反応が足りなかったです。
また、ルーズボールへの厳しさ、激しさも相手に負けていました。

2試合目で快勝した分、3試合目はもうスタミナがもたず、FWは姿勢が高く、BKはラインが浅く、全員が待ってディフェンスしてしまいました。

秋の大会では、3試合、同じレベルで試合を続ける必要があります。
その体力もまだまだ足りません。

スタミナをつけて、最後まで低い姿勢で激しく体をぶつけにいけるチームになるように、練習をしていきましょう。
FWは低く、BKは深くを意識して練習しましょう。

大野コーチ

Bチーム
-試合結果-
葛飾4年 1-0 浦和4年
葛飾4年 1-6 浦和4年
葛飾3年 1-7 浦和3年
葛飾3年 1-6 浦和3年

今日は浦和ラグビースクールさんと合同練習と試合をしました。
蒸し暑い中でしたががんばりました。
練習してきたディフェンスで前に出ること、スムーズなダウンボールは出来てましたね。

3年生は相手の激しいタックルもあり、思うようにプレー出来ませんでしたね。
ディフェンスはしつこく前に出てるけど単発になってしまってました。
アタックはサポートに行けてないのでビックゲイン出来ても繋げずにボールを失うことが多かったですね。
そんな中でもユウジロウとジョウタロウ、ヨウタの三人は素晴らしい動きでした。
気持ちが全面に出てオフェンスでもディフェンスでも前に出てチームを引っ張ってくれました。

4年生は、ディフェンスで前に出れているし、 フェーズを重ねてボールキープし続けているのにトライが取れない。
そこでブレイクダウンのミス等で一気にトライをとられる。
ここはもっとチームとしてトライを取る形を理解するのと効果的なサポートプレーを出来るようにしましょう。
4年生ではリョウタAが2トライだけでなくタックルでブレイクダウンで3人分の働きをしてくれました。

あとリョウタBは初トライとりましたね。おめでとう!

今回も課題が見つかるいい試合になりました。また一生懸命練習頑張ろう!

矢野コーチ

Cチーム
-試合結果-
葛飾2年 3-4 浦和2年
葛飾2年 6-1 浦和2年
葛飾1年 1ー1 浦和1年
葛飾1年 5-1 浦和1年

2年生の1試合目は、エンジンがかかっていなかったというか、なんとなくいつもと違うと感覚のまま終わってしまいましたね。
コーチからいつもとどこが違うのか、説明をきいて修正することが出来ました。
これは、立派なことです。これからは、コーチに言われなくても自分たちでわかるようになってもらいたいとコーチは思っています。
そのためには、いつも考えて練習をしたり、試合したりしてほしいと思います。コーチもみんなに考えてもらうようにしていきます。
【いつもと違う?】→【どこが違う?】→【ここが違う!】→【じゃぁ、こうしよう!】と自分たちで問題を見つけて、修正できるように頑張りましょう!コーチも頑張ります!

1年生も5日の都大会とは違ってよくタックルに行けるようになっていました。(2年生に比べるとまだまだですが・・・)
ディフェンスがしっかりしてくると、試合をしているみんなも楽しい試合ができてチームの雰囲気も良くなってきますね。

タックルは練習した分の結果は出てきています。これは、続けることでもっと高いレベルにしていきましょう!
アタックは練習していないので、できなくて当たり前です。できないのを出来るようなれば、もっと楽しい試合ができます。
コーチも頑張りますので、みんなも頑張っていきましょう!

内藤コーチ

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

5/24 浦和RS交流会 への1件のフィードバック

  1. 梁取 タケシ より:

    Aチーム5年ハヤタの父です。
    コーチの皆様、暑い中お疲れ様でした。

    Aチームについては、大野コーチのコメントにありますように二人目のサポートが遅くターンオーバーされるケースが目につきました。また、相手がボール処理に手間取っている時に前に出れずに見てしまっているのもチャンスを掴めずに残念ですね。チーム全体としてオフェンス・ディフェンスの区別なく前に出られると良いかと思います。

    FW:一対一のオーバー合戦などで力負けしているケースが多々ありました。相手との接点で激しく、低く足をかいて前に出られるとボールをキープ出来ると思います。それとポイントへの集まりが遅いので、まだまだスタミナ&スピードが必要ですね。(ウチの息子が特にですが・・・)

    BK:フェーズを重ねるとラインが浅くなってスピードのないライン展開になってしまってましたね。(そのためインターセプトもされやすくなってました)また、外に余っているのにカットインしてしまう場面もあり、江戸川の時に大野コーチが配布していた資料のようにフェーズを重ねたあとは外で仕留めらると楽だと感じました。

    生意気に長々とコメントしましたが、まだまだ強くなれるチームですので、今後のみんなの成長が楽しみです。コーチの皆様、今後もご指導よろしくお願いいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中