2/2 あびこRS交流会 B・Cコメント

全体B・Cチームのコメントです。

Bチーム

-試合結果-
葛飾 0-8 あびこ
葛飾 4-8 あびこ

【コーチコメント】
1試合目
なるべく遠くにボールを置くプレイはできていましたが、フォワードの激しさで負けていました。
しっかりダウンボールできているのに、二人目のオーバーが遅いため、相手に何度もめくられ、ターンオーバーされてしまいました。
また、バックスは、最初のタックルがあまく、動きをとめられないので、ずるずるとつながれていました。
前に出るのも遅く、その分相手バックスに走るスペースを与えてしまい、余計にタックルしにくい状況に、していました。
フォワードも、バックスも、原因は、最初の一歩が遅い、ということです。
最初があまいと、すべてがうまくいきません。
見ていては、とめられません。

ただ、アタックの展開は、よくできていたと思います。
一人で走ってトライをとることよりも、この先を考えて、展開ができるようになりましょう。
アタックで足りないのは、パスをもらう人のスピードです。パスをもらってから加速するのではなく、パスをもらった瞬間に一番早いスピードになるように、走り方を練習しましょう。
B
2試合目
1試合目よりもディフェンスがよかったです。
ヒロ、マサキ、ヒロキがよくタックルしていました。
展開もできていましたが、もうすこしのところで、相手に取られて逆にトライされてしまうプレイが何度かありました。
これは、寝るところを無理に前にいってしまうためです。
でも、そのプレイがよくないのではないです。
一番よくないのは、「周りの味方が声をだしていないこと」です。
サポートにきた人が、寝ろとか、パスとか、大きな声で指示をすれば、前進している人はわかるはずです。
まわりの声がないから、自分でいってしまうのです。

トライ後や試合中、止まっているときに「声だせ!!」というのは、「声」ではないです。
必要な声は、「走っているときの声」です。
これは、練習中から言われていることだと思います。
練習中、止まっているときではなく、走っているときに声を出していますか?
最初の練習、キックダッシュで、ジョックで帰ってくるときだけ声を出しているのではないですか?
必要なのは、「走っているときの声」です。
実はこれも練習しないとできないプレイです。
走りながら大声出すのは、難しいんです。
これからは、声を出すことも、プレイのひとつと思って、練習していきましょう。

大野コーチ

CチームC

-試合結果-
葛飾 8-4 あびこ
葛飾 7-5 あびこ
葛飾 9-4 あびこ
葛飾 4-3 あびこ

【コーチコメント】
今日はとてもいいグランドで試合をさせてもらいましたね。
全体的に二人目、三人目の反応もよくディフェンスへの意識も高くとてもいい試合ができました。
前半はディフェンスが揃って出れないこともありましたが徐々に修正できましたね。
アタックはよくボールを繋いでましたが無理に一人で行きすぎる場面があったので仲間を信じてもっともっとボールを繋いでいきましょう。
あとはやっぱりディフェンスへの意識を持ち続けて勇気を持って相手を止めにいきましょう。
そうしたらもっとうまくなりますよ。
来週も頑張ろう!

矢野コーチ

Dチーム

試合には負けてしまいましたが、いい体験ができました。
悔しい気持ちを忘れずに練習していきましょう。
みんなよく頑張れました!
D

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中