11/17 千葉市ラグビースクール交流会

17日は、千葉市ラグビースクールさんとの交流会を行いました。

いつも練習していたことが、試合で発揮できたでしょうか?

練習でできても、試合でできるようになることは、難しいですね。

難しいですが、練習することで必ずできるようになります。

練習は、必ず結果となって帰ってきますので、今後も頑張って練習をしていきましょう!

-試合結果-

Bチーム
葛飾 8-3 千葉
葛飾 7-4 千葉

Cチーム
葛飾1年 5-6 千葉1年
葛飾1年 4-8 千葉1年
葛飾1年 5-11 千葉1年

葛飾2年 4-4 千葉2年
葛飾2年 6-2 千葉2年
葛飾2年 6-6 千葉2年

【コーチコメント】

Bチーム

1試合目
試合には勝ちましたが、内容があまりよくありませんでした。

単独プレーが多く、まるでCチームの試合のようでした。
タックルもあまく、逃げた気持ちからくる消極的なミスが多かったです。
ディフェンスは、まずは目の前の相手(対面トイメン)に負けないことです。

一人一人が、自分のトイメンには絶対抜かれない、抜かれたら恥ずかしい、かっこ悪い、お父さんお母さんに見せる顔がない、って思うくらいの気持ちがあれば、自然にトライをとられなくなるはずです。

疲れてるから抜かれてもしかたない、相手は僕より足が速いんだからしかたない、って思っていたら、いくら練習しても、取られます。

ディフェンスはどれだけ自分にプライドを持てるか、です。

リョウタロウを4年生チームのウィングで試してみましたが、スピードに乗ってボールをもらうのがよくできていました。

2試合目
最後、ラストワンプレーで、トライをとられました。

「ラストワンプレー」の声がかかったら、元気が出たのは、負けている相手チームでした。
葛飾は、「早く笛ならないかなぁ」と考えているのが目に見えるプレーで、結局、取られました。

タックルが上にいっているとか、詰めてないとか、そういう問題ではないです。

前回都大会の試合同様、気持ちが逃げている。

「最後絶対取られないぞ!」という気持ちがあったか。

古臭いかもしれませんが、技術よりもまずは気持ちだと、コーチは思います。

試合に向かう気持ちしだいで、結果はまったく変わります。

どんな試合でも、強い気持ちを持って臨める、チームになりましょう!

大野コーチ

Cチーム

今日はそれぞれの学年に別れて試合しました。

今日は全員とても頑張りました。

ディフェンスは以前より格段によくなりましたね。
止めにいく姿勢がこっちにも伝わってきました。

でもまだ揃って前に出れなかったり、ボーッと見てたりする事があるし、オーバー行けなかったりとあります。

ここをしっかり練習しましょう。

アタックはみんな素晴らしいですね。
ボールがたくさんつながるし、個人の走るコースが今までと違うくらいよくスペースみえてます。

かっこよかったですよ。

ツバサはたくさんトライしました。
あとミキヤ初トライおめでとう!
ヤマトのステップキレてましたね。

今日はたくさん試合できていい経験になりましたね。

また練習頑張りましょう!

矢野コーチ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中