練習再開です

本日は夏休み?お盆休みを終えて、葛飾ラグビースクールでの練習再開でした。
参加人数は、チョイ少なめかな???
まぁみんな家族でのイベントやら宿題やらで参加が難しかったのかな???
久しぶりに楕円球に触ることもあったのと人数が少なめだったので、次のような練習でしたよ。
アップでは・・・
★周りが動くタッチフット
 ┗ボールを前に投げても構わないので、落とさなければボールをキープし続けられる。ボールを持った人は5秒以内にパスをする。
 <狙い>
  楕円球の感触を思い出す。ボールを持っていない時に、周りで動く。ボールをもらう為に声を出す。
★グランド1周
  ┗各自5個の動きを自分で考えて1周回ってもらいました。
 <狙い>
   体を動かしながら、自分で考える。
メインでは・・・
★グリッド
  ┗ポップやガットを行いました。
  <狙い>
    楕円球に慣れるのもありますが、ここではAチームのメンバーを中心に子供たちでアドバイスをお願いしました。
後半は、近藤コーチにお願いしました。
★中抜き
★タッチフットルール改造版
ここ数年、色々な練習メニューを行ってきました。子供たちも色々なメニューがあることを知っています。
今年特に意識しているのは、風土作りです。
メニューの選択はコーチ(大人)が決定するにしても、メニューの中身では子供たち(キャプテンや上級生)に考えてもらうようにしています。
また子供たち自身が自分たちでアドバイスしあえる(教えあえる)そんな集団を目指したいと思っています。
コーチが指導することを否定しているのではなく、子供たち同士がどのようにすればいいのかを理解して、そして上級生が下級生に教えていく。
そのような環境作りを作り上げることで、永続的に強いチームとなっていくと考えています。
まぁティーチ イズ ラーニングですね。子供たちも人に言ったらやらなければならないですしね。
それがすごい大事だと思うので、大人からすれば、10点満点じゃない子供たちのアドバイスかもしれないけど、大人が10点の指導をしても子供が6点しか出来ないのであれば、子供が8点の指導をして7点取れた方がいいでしょうし、仮に子供が教えて6点でも同じ6点なら子供たち同士で教えての6点の方がよっぽど意味があると思っています。
高望みかもしれませんが、子供たちは立派にアドバイスしあっていますし、求めてあげないと育たないですからね。
ラグビーだけじゃなく、葛飾ラグビースクールの経験者が色々な現場で活躍してくれるリーダーシップを身に着けてもらいたいですね。
本日の独り言でした

広告
カテゴリー: おっちゃんの独り言 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中